認定業務方針
1. 認定業務を公平・公正に迅速に行います。
2. 認定の信頼性確保のため、必要な技術的能力の維持・向上に努めます。
3. 認定の機密保持、客観性及び公平性を確保するため、他の関連業務等からの影響を排除します
4. 日本農林規格(JAS法)制度の適正な運営に寄与します